ダイエット総合研究所

お酒とダイエット


ダイエットの天敵、お酒!、このお酒とどのように付き合っていくかがダイエットを成功させる鍵のひとつになります。

アルコールにはダイエットを阻害する要因ばかりでありダイエット中は避けることが賢明です。しかし、そうは言ってもなかなかやめることができないことも多いと思います。

ただ、ダイエットするからには今までと同じではいけません。正しく節制することが必要になってきます。まずお酒を飲むから食事を制限するというのは良くないことです。お酒には栄養がほとんどなく、食事の代用にはならないからです。

詳しく調べてみるとお酒そのものが太る原因になることは少ないそうです。しかしそこで安心するのは早計です。アルコールのカロリーは早く体内でエネルギーとして消費されます。その分、つまみなどのカロリーが脂肪として貯まりやすくなるのです。つまりつまみなどのカロリーがエネルギーとして消費されないということなのです。

そして管理人も実感するのですが、お酒による自制心がなくなるということもダイエットには最大の弊害をもたらします。「今日ぐらいいいか?」などお酒を飲まなければ考えないこともついついしてしまいます。

また、アルコールには食欲を増進させる働きがあり、食べすぎの原因にもなってしまうのです。ダイエット中のお酒は少なくとも減らす必要があります


【ダイエット中のお酒】
1.量、回数を減らす
2.つまみは低カロリーを選ぶ
3.ジュースで割らない


お酒を選ぶ前にカロリーを考える
日本酒
1合(180ml)200kal
焼酎
1合(100ml)140kal
ビール
(500ml)200kal
ワイン
1本(720ml)460kal
ブランデー
(30ml)75kal
発砲酒
(350ml)150kal
あえて容量を統一しませんでした。それはアルコール度数などにより飲む量が変わるのが通常です。ダイエット中のお酒の量は200kalに抑えるのが良いとされています。つまり日本酒なら180ml、焼酎なら140ml、ビールなら500mlです。


お酒をやめるのが好ましいのですが、やめることによる過度のストレスもダイエットには天敵です。お酒をうまく味方にしてバランスよくダイエットしましょう!

お酒とダイエットの関係


ダイエット索引
 ダイエットは難しい
 太りやすい体質
 挫折を挫折にしない
 ダイエットは運動も
 病院でダイエット
 経済的効果
 毎日続ける器具
 停滞期について
 リバウンドについて
 人気食品ランキング
 食習慣のご法度
 お酒について
 夜食について
 間食について
 カロリーコントロール
 いろいろな方法
 BMI
 器具・サプリ専門店
 挑戦する期間
 人気器具・用品ランキング



ダイエット総合研究所



アクセスランキングブログパーツ